<< 夏はいつまでつづくんでしょう | main | 16日(月) 本日、臨時閉院いたします。 >>
☆治療院HPはこちら↓☆

かさい鍼灸治療院

完全予約制です。お電話ください!

-

いいマッサージとは、を省みる

患者さんに「かさいさんはご自分でも治療を受けたりしますか」という質問を頂きます。


行きます。ご予約とご予約の間にうまーく時間が空いたら、ですが。
ただし、マッサージが多いですね。
自分で言ってて情けないんですが鍼あたりするタイプで、治療の後すごくだるくなるんです。
その後仕事に戻ることを考えると、うかつに鍼を受けられないのが悩みです。

今日も午後、ご近所のマッサージに行って来たのですが、ちょっと考えさせられてしまいました。
入ってくれたマッサージ師さんは、たぶんですが、それほどキャリアのある方ではなかったように思います。
ただ、そのマッサージはひたすらに「実直」だったんですよね。
初々しいと感じてしまったほどです(これでベテランだったら本当に尊敬します)。
あざとい「技」っぽい手技を入れることもなく、変なクセもなく。
ただただ筋肉をとらえ、圧をかけて、抜く。一定のリズムで丁寧に。
なにより、そのマッサージ師さんが「一生懸命」やっていると言うことが伝わってきたのが一番大きい。
受けていて、とても安心できるマッサージでした。

マッサージは慣れてくると、自分なりのクセも出てきます。
「なんだか、ベテランっぽく派手な手技を繰り出してるけど、全然気持ちよくない」マッサージを受けたことありませんか?

今日マッサージ受けながら自分の治療を省みて、自己満足に陥っていないか、安きに流れ、雑になっていないか、怖くなりました。
やっぱり「伝わるものは伝わるな」と。

なんか、初心に帰ることが出来たようです。

私が言うのも偉そうですが、彼はきっともっと巧くなる人だと思うので、ときどきお願いしに行こうと思っています。


**********


祝・東京五輪!

7年後、しれっと室伏が出場していると予想してみる。


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 23:41, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.kasai-acupuncture.com/trackback/161