<< パクチー | main | おかげさまで開院1周年です。 >>
☆治療院HPはこちら↓☆

かさい鍼灸治療院

完全予約制です。お電話ください!

-

写真撮りますよ(笑)

ときどき、患者さんから写真撮影を頼まれることがあります。

「鍼が刺さってるところを見てみたい」or「鍼が刺さってる私を○○に見せたい」、理由はどっちかですね。

先日は腰痛の患者さんのオシリから腰にかけて一通り鍼を打ったところでシャッターチャンス!
うつ伏せで刺さった状態の患者さんに画像確認をお願いすると、「うおー、こんなんなってるんだー!」と。
背中側って見えませんものね、見てみたいお気持ちわかります。
また、けっこういい光景なんですよ、カラダから鍼の柄(太さごとに色違うんでカラフル)がピンピン立ってて。
「明日、職場で見せるわ。うけるぞー」と画像保存なさってました。
・・・オシリ、がっつり写ってますけど大丈夫でしたかね?(笑)

一番依頼が多いのは、美容鍼です。かなりの割合で頼まれますね。
先日もお母様に見せたいということで、ご依頼を受けました。
お顔全体に鍼を刺し終えたタイミングで患者さんの携帯でパチリ。
美容鍼では状態によりますが、30本くらい刺しますからほぼ「お顔がウニ」状態のいい写真が取れました。
患者さんのご希望で、違うアングルからもう1枚。ちょっとした撮影会ですね(笑)

ま、刺す側からすると、撮影されると思うと少し緊張します(笑)
鍼灸師じゃなければ、その刺さってる角度がどうとかわかりゃしないと思うのですが、やはり美しく刺したいという変な欲が出ると言いますか。
写真撮ろうが撮るまいが、真剣に刺してるんですけど、何なんでしょう(笑)


ともあれ、自分が鍼刺されてる姿を見てみたい方、刺さってる自分をどなかに見せたい方、写真撮影承りますのでお気軽にお申し付けください♪




**********


すべらない話は一応、録画。
千原ジュニアの面白さがちっともわからないんだ・・・・


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 22:19, かさいまほ, 日々のイロイロ

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.kasai-acupuncture.com/trackback/150