☆治療院HPはこちら↓☆

かさい鍼灸治療院

完全予約制です。お電話ください!

-

いいマッサージとは、を省みる

患者さんに「かさいさんはご自分でも治療を受けたりしますか」という質問を頂きます。


行きます。ご予約とご予約の間にうまーく時間が空いたら、ですが。
ただし、マッサージが多いですね。
自分で言ってて情けないんですが鍼あたりするタイプで、治療の後すごくだるくなるんです。
その後仕事に戻ることを考えると、うかつに鍼を受けられないのが悩みです。

今日も午後、ご近所のマッサージに行って来たのですが、ちょっと考えさせられてしまいました。
入ってくれたマッサージ師さんは、たぶんですが、それほどキャリアのある方ではなかったように思います。
ただ、そのマッサージはひたすらに「実直」だったんですよね。
初々しいと感じてしまったほどです(これでベテランだったら本当に尊敬します)。
あざとい「技」っぽい手技を入れることもなく、変なクセもなく。
ただただ筋肉をとらえ、圧をかけて、抜く。一定のリズムで丁寧に。
なにより、そのマッサージ師さんが「一生懸命」やっていると言うことが伝わってきたのが一番大きい。
受けていて、とても安心できるマッサージでした。

マッサージは慣れてくると、自分なりのクセも出てきます。
「なんだか、ベテランっぽく派手な手技を繰り出してるけど、全然気持ちよくない」マッサージを受けたことありませんか?

今日マッサージ受けながら自分の治療を省みて、自己満足に陥っていないか、安きに流れ、雑になっていないか、怖くなりました。
やっぱり「伝わるものは伝わるな」と。

なんか、初心に帰ることが出来たようです。

私が言うのも偉そうですが、彼はきっともっと巧くなる人だと思うので、ときどきお願いしに行こうと思っています。


**********


祝・東京五輪!

7年後、しれっと室伏が出場していると予想してみる。


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 23:41, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

リラックスしてくださいと言われても

人間ドック受けてみた話の続編です。

今回、初めてマンモグラフィを受けました。
「痛い」とは聞いていましたが、あれほんっとに痛いですねー!

検査士さんに、「初めてなんですかー、痛いですよー(ニッコリ)」なんて言われまして。
で、ぐいーっとおっぱい引っ張られて「大胸筋から挟みますからー」と言われ。
「はい、片手はここをつかんでくださいねー」「はい(痛)」
「反対側の胸押さえてくださーい」「はい(痛)」
「もっとリラックスしてくださいー」・・・・・それは無理だよおー(涙)

いや、力を抜いて欲しいと言う意味だってわかるんですけどね。
女性同士とはいえ初対面の人におっぱいさらして、機械でぐいーんって挟まれて超痛いっていう状況ですよ。
肩の力を抜く努力はしますけど、「リラックス」って言われるとそれ違うわーって思ってしまいました。

これをわが身にに置き換えてみると、似たようなこと言うことはあるんです。
たとえば鍼やお灸を初めて受ける患者さんは緊張しています。もう当然です。
ただ、がちがちに力が入っているとかえってチクッとした鍼の刺激を感じやすくなってしまいます。
ですから、鍼が初めての方には、比較的痛みの感じにくい部分から打ち始めたり、細い鍼で打ったりするのですが、そのときに「体の力を抜いてください」的な事を私も言います。
でも、リラックスしてとはちょっと言えないかなあ、と。
カラダに鍼を刺されるっていう状況で、初手から「リラックス」は無理ですよ。上級者ならともかく。


「体の力、抜いてください」と「リラックスしてください」
言い方ひとつで感じ方が変わるものだなあと、思ってしまったんですよね。


ま、たぶん考えすぎなんですけど。
反対側のおっぱい挟まれてるときも全くリラックスできないまま、そんなことを思っていました(笑)



*************



睡眠不足+病院への道間違えて焦りまくって到着。
そのコンディションで、血圧の上が100行かないのはなかなか歯ごたえのある低血圧なんではないかと。


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。


at 00:31, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

人間ドックに行ってきました。

こんな職業にありながら、自分のことはおろそかにするもので、実に12年ぶりの健康チェックでありました。

会社勤めしていれば定期的に健康診断があったりしたんでしょうが、自分で・・となるとなかなか億劫。


開業する前のヒマにしている時に行っておくつもりだったんですが、そのころストレスであまりにも体調が悪くて。この状態で受診して、いい数字が出るわけないと思うと怖くて行けませんでした・・・。
ええ、本来はそういうときにこそ健康チェックすべきなんですが、チキンもここに極まれり、です。

なので、チキンはチキンらしく1ヶ月くらい前から微妙に食事に気を配ったり、付け焼刃的な悪あがきをしてから臨んだ人間ドック。
案外楽しかったんですが、結果はどう出ますか。

大体が緊張しいで、翌日になにかイベントがあるとまず眠れないのは子供の頃からです。
運動会の前、受験の前。もちろん、人間ドックの前。
朝8時半に東京駅近くの病院に行く!と思ったら、まあ目が冴える冴える。
ほぼ眠っていないという状態は健康診断を受ける上で、いいとは言えませんよね・・・。


結果は後日郵送ですが、その場でわかるのもあるでしょう。
身長は156センチをぎりぎりキープしたので満足。
体重もやや増ですが想定内でした。(腹囲は最悪でしたが)

何が一番ショックだったって、視力です。
すっごいすっごい落ちてました。
元凶はスマホとPCでしょう、テレビはあんまり見れてないですから。
ああー、裸眼生活ともそろそろお別れってことですよね。

コンタクト怖いし、メガネ似あわないんですよ・・・・・いや、ショックだわ。



************



通訳つきで中国人のご夫婦が人間ドック受診してました。
医療観光? 健康診断で?
そういうのが保障されるのが社会主義なんじゃないのかと思ったけど、まあ実質そういうことか、と。



にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 01:22, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

風邪に効くツボ

かぜは「風邪」と書きます。・・・そういえば「邪」って何でしょう?

東洋医学では健康を害する病因を三種類あるとしています。
一つ目が「外因」=外から入ってきて体を侵す「邪気」。
二つ目が「内因」=感情やストレスなど内側から体を侵す乱れ。
三つ目が「不内外因」=上の二つじゃないもの(笑)ちなみに飲食の不摂生、疲労、房事不摂生、ケガです。

一つ目の外因は「六邪」と言い、それぞれの性質から「風・暑・湿・燥・寒・火」の6つの邪気に分類されます。
風邪はその中の「風の邪気」が体内に侵入して、内臓や器官を侵すために発症すると考えるのです。

西洋医学で言うと「感冒」ですが、一般にいう「風邪」とは「風の邪気」から来ています。

風の邪気は遊走性・多変性を持つ邪気なので、体の中のあちこちを遊走して色々な箇所に影響し、その症状もどんどん変化していきます。
頭痛・発熱、鼻づまり、ノドの痛み、咳、悪寒・寒気、だるさ、関節痛、胃痛、下痢、吐き気・・・・「かぜの不快な諸症状」ってやつですね。
人によって、また引き始めと引き終わりに症状がだいぶ変わってくるのは、この邪気の持つ性質によるのです。

では「風の邪気が体内に入ってこないようにする」ツボとは?
それが首の後ろに集中していて、ちゃんと「風」の字がついています。



後頭部で髪の生え際にあるくぼみが「風池」。
池という字が示すように、風の邪気が溜まる場所です。

下を向くと首の後ろにぽこっと骨が触れます。
そこから2つ骨を下にたどった両脇が「風門」。
こちらも文字通り、風の邪気がここから進入してくる「門」です。

風邪のひき始めになんだか首すじがぞくぞくすることがありませんか?
あれが風の邪気があなたの体に侵入してきた兆しです。
そんなときはこのツボ、まあ大きくとらえて首の後ろ全体を良く温めてあげましょう。
ツボはびしっと取れればそれに越したことはないのですが、この場合はエリア全体に熱が回ればOKです。

ホットタオルをあてたり、カイロを貼ったりするといいですし、
今日冷えた、やばいな!と思ったらすぐにドライヤーで温めてしまうのも手っ取り早いですね。
お灸をお持ちの方はツボにお灸をすえるととても気持ちがいいですよ。
ただ、髪の毛焦がさないようにしてくださいね。

わたしはめんどくさがりなので専らドライヤーです(笑)
髪を乾かすときに、いっしょに首すじまで温熱をあててしまうというお手軽健康法ですが、十分効果ありますよ。

逆に首すじがスースーしていると、風の邪気が侵入しやすい無防備状態ということです。
ストール、タートルネック、ちゃんと首をガードして風に当てない予防策も大事。
シャワーオンリーで湯船に浸かっていない方、濡れた首すじがシャワー中に冷えないように気をつけましょう。

風邪は首のうしろから忍び込んでくるってことを意識するだけでも、違いますよ。
難しいことではないので、ちょっと頭に留めて置いてくださいね。



*************




ちなみに葛根湯は肩こりにも効きます。
風邪はひかないので、肩こりのときにむしろよく飲んでます。


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。



at 23:51, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

秋の風邪

昨日も少し触れましたが、風邪をひきやすい季節です。

よく「季節の変わり目に風邪をひきやすい」と言います。
経験から言って、これ確かにそうですよね。
心当たり、みなさんあるでしょう。

この時期は副交感神経の働きが鈍ってしまい、急な寒暖差に対応できなくなってしまうんです。
副交感神経は内臓の働きやホルモンの分泌、体の回復や維持に働きますから、
ここが狂うと「なんか自分の体が思うようにならない」感がすごく出ます。
なんだか疲れる、なんだか食欲がない、なんだかよく眠れない・・などなど。
心当たりある方多いんじゃないでしょうか?
この状態では体の免疫力も下がってしまいます。

また、特に「秋風邪」に関して言えば、水分不足の影響が大。

夏は暑いし、汗かくし、のどがカラカラで、冷たい麦茶をゴクゴク・がぶがぶ飲みました。
水分取らなきゃ!と意識して水分摂取を心がけましたよね。

秋に入り、温かいものがおいしくなってきました。
温かいドリンクってゴクゴク飲まないでしょう。
ゆっくり、少しずつ、味わいながら飲むのがおいしいですからね。
でも、そうすると一日の水分摂取量が思った以上に少なくなっていることがあります。
体は地味ーーーに脱水気味になり、血液の循環する力が下がり、結果として老廃物が溜まりやすい体になってしまうんです。

また、秋になり空気も乾燥してきました。
ただでさえ鼻やのどの粘膜が乾燥して雑菌が繁殖しやすくなっているのに、
体まで水分不足だと、粘膜を守る粘液の分泌も低下、雑菌に対してノーガードになってしまいます。

秋風邪対策としてオススメなのは、「お茶を飲みましょう」ということです。
もちろん、マスクでノドを保湿することや、加湿器もとっても意味がありますが、
まずは自分の体に内側からしっかり水分を与えてあげましょう。

あたたかいお茶を、ゆっくり、たっぷり。
コーヒーはおいしいですが以前にも触れたように利尿作用が強いので、水分摂取の役にはあまり立ちません。
紅茶も同様です。
ビタミンC(風邪予防に◎)の多いローズヒップやハイビスカスのハーブティや、
はちみつ・しょうが・レモンでハニージンジャーティなどは、秋の冷えにもオススメです。

季節の変わり目はコツをつかんで、上手に乗り切りましょうねー。

風邪予防につかえるツボのお話は次の機会に・・・




***********




12月のニッケルバックの武道館公演行ってきます。
はじけるぞ!


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 00:20, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

秋バテしてませんか?

やっと、一息つける秋晴れになりましたね!

空が高い高い!!湿度も低くて気持ちいい!!
掃除をしていても、日差しと風が心地よく通り抜けていきます。
風通しがいい作りのお部屋で良かったーーー。




ただ先週からの寒暖の差と、雨が振ったりやんだりの変なお天気のせいでしょうか。
なんだか体が思うように動かなかったり、すぐにくたびれてしまったり・・・と、
患者さんからは夏と違った体調の変化が出ている方もいらっしゃいます。
・・・これって秋バテでは?

秋バテは案外夏を上手に乗り切った人がなりやすいんですよね。
暑い気温と湿度にはうまく順応した分、急に涼しくなったときに調整が間に合わず、
この時期に体調を崩してしまうのです。

だるくて動きたくない。すぐに疲れる。
食欲がないので、献立を考える気になれない。
寝つき(夢見)が悪い。寝ても疲れが取れない。
風邪っぽい。
首や肩ががちがちにこわばって辛い。

こんな症状が思い当たるようなら、秋バテかもしれません。

急いで衣替えをして、夏物の重ね着ではなく、ちゃんと秋冬物のお洋服に着替えましょう。
食事も見直す頃です。
夏と変わらずトマトやきゅうりの生食続けていませんか?
そろそろ秋の食材が出ていますよ、蒸したり煮込んだり温かいものをゆっくりお腹に入れましょう。
お茶も温かいものがおいしく感じられる頃です。
冷えた内臓が温まり、食欲や消化機能が回復すると、カラダに力が戻ってきます。

気温の変化と気圧の急変で自律神経が乱れていることも考えられます。
ゆっくり湯船に浸かってカラダを温め、ストレッチをしたら、
早めにベッドに入って深呼吸をしましょう。
カラダが副交感神経優位(リラックスモード)に入り、自然に眠りに入れます。

秋は何をするにも、どこに行くにもいい季節ですからね。
はやく夏の疲れと秋バテを解消して、秋本番を迎えましょう!




***************



Carly Rae Jepsenの「Call me maybe」のヘビロテがすごい。
いい曲です。歌詞もいい。女の子から電話番号渡したっていいじゃない?
ポップソング好きなんで、気がつくと鼻歌で歌ってたり(笑)

ローラが作ったパロディビデオが話題になっていますが、わたしのお気に入りはコレ。

THE ICE 2012 

THE ICE 2012に参加したフィギュアスケートのトップ選手たちが作ったビデオです。
振り付けはジェフリー・バトル!
浅田真央ちゃんもニコニコ楽しそう。
羽生結弦くんのカラダのしなやかさはちょっとドキッとする(笑)

ライバルでもある選手たちの仲のいい感じが伝わってきて、ほっこり。


にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。

at 20:35, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

ぎっくり腰はまず冷却

今日はぎっくり腰(急性腰痛)の患者さんの2回目の診療からスタート。

初診時は痛みが強くほぼ全身固まったようになっていて、
姿勢一つ変えるのも一苦労といった状態でしたが、
今日は靴の脱ぎはきもスムーズで、ソファに座る動作も自然でこちらもほっとしました。

鍼治療の効果が!!と言いたいですが(笑)、
この方の場合、ご自身での最初の処置がとても良かったことも、症状の回復が良いことの一因です。

患者さんは、忙しい日が続き腰がだるいな・・・と思っていたところ、
ふとした動作で腰にビキッと痛みが走り、その2時間後には動けなくなりました。

ぎっくり腰は「重いものを持ち上げる」といったベタなきっかけがなくても、なるときはなります。
そして「あ!」と思った瞬間から、数時間かけて症状が完成します。
最初は少し動けるのでたいしたことないと思っていても、
翌朝になったらまったく体を起こせないなんてことも・・・。

ですから、大事なのは「あれ?やっちゃった?」と思ってから、どう過ごすかがとても大事です。

まずは「冷却」。
ぎっくり腰はおおざっぱにいうと「腰の捻挫」です
衝撃や無理な動作で、腰の筋肉繊維が引きちぎれたり伸びたりして傷つき、炎症を起こしてしまった状態です。
ほぼ「ケガ」の部類に入ります。

ですから足首を捻挫したときを想像してもらうとわかりやすいと思うのですが、
足首をひねったら、まずどうしますか?
腫れた足首を冷やして、テーピングなどで固定しますよね。

腰も同じようにまずは冷やして、筋肉の炎症を抑えます。
保冷剤や濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やしたものを、取り替えながらあてておくといいでしょう。
濡れタオルはあらまじめジップロックの袋などに入れて冷やしておくと、
びしょびしょにならずにそのまま使えて重宝します。
鎮痛剤が入っているので、市販の湿布薬を貼るのも良いのですが、
冷湿布の「冷」はメントール(ミントの成分)で感じるスースー感ですので、
実際の冷却効果はあまり高くありません。
ぎっくり腰の場合は実際に冷たいものを当てて、具体的に「冷やす」ことが大事です。

そして「安静」。
発症した当日に患部をいじりすぎると、かえって炎症が広がってしまうこともあります。
捻挫した足首をぐりぐりしたりしませんよね?
腰も静かに休ませてあげてください。
骨盤を固定するコルセットなどをお持ちでしたら、しっかり締めて固定すると安心です。

今日の患者さんは前にぎっくり腰をしたとき、温めたほうがいいのかも?と考えて、
お風呂に入ったら悪化させてしまった経験があったそうで、
今回は、発症当日と翌日の2日間、腰を冷やしながら横になっていたそうで、大正解です。

「安静」と「冷却」・・・これが発症直後の最善の手当てです。
ただ横になって寝ていると不安にもなります。
揉んだり、ストレッチしたり、何か積極的にしたほうがいいんじゃないか・・と考えたりもしますね。
でもそんなときは考えてみてください。
足首の捻挫を歩いて治そうとしますか? 考えただけで痛いですよね・・・。
ここはひとつ、焦らずに楽な姿勢でじっとしていましょう。
それが結局は一番の回復の早道ですから。

そして炎症が落ち着いたら、今度は積極的な治療を開始するタイミングです。
少しでも早く、元の動きを取り戻すためにしっかり治療しましょう。
鍼治療? もちろんおすすめしますよ。


<注>
急に起きる腰の痛みの中には、腰の骨を痛めて発症するものや、
内臓疾患(腎臓結石・胆石など)に関連して起きる痛みなど、「腰の捻挫」以外のものもあります。
その場合、早めに医療機関にかかる必要がありますので、
信頼できる整形外科や鍼灸院・接骨院などに電話で相談されることをおすすめします。




**************




KALDIは私の中で「気の利いたつまみも置いている酒屋」という認識だったが、
・・・・コーヒー屋さん、だよね。ほんとは。



にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。






at 17:05, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

カレーと太田胃散

前回、カレーって暑いときでも食欲そそるというお話をしました。

でも、それもそのはずで。
スパイス(ハーブ)と漢方薬って、そもそも同じものなんですよね。
西側から言うか、東側から言うかで、受ける印象が違ってくるのがオモシロいです。

以下、カレースパイスをためしに和名や生薬名に置き換えてみたらこうなりました。

<色>   ターメリック・・・・・鬱金(うこん):脂質代謝UP、肝機能を強化
<辛み>  チリ(唐辛子)・・・・蜀椒(しょくしょう):胃液の分泌促進、消化促進、食欲増進
      ジンジャー・・・・・・生姜(しょうきょう):食欲増進、カラダを温める、抗炎症作用
      ペッパー・・・・・・・胡椒(こしょう):健胃、食欲増進、下痢止め、食中毒防止
<香り>  コリアンダー・・・・・胡子(こずいし):健胃、消化促進
      クミン・・・・・・・・馬芹(ばきん):健胃、消化促進、腹痛・下痢の緩和
      シナモン・・・・・・・桂皮(けいひ):食欲増進、殺菌作用、鎮痛、発汗・解熱作用
      クローブ・・・・・・・丁子(ちょうじ):健胃、消化促進、整腸作用      
      フェンネル・・・・・・茴香(ういきょう):健胃、腸管運動促進、抗菌、去痰
      
      カルダモン・・・・・・縮砂(しゅくしゃ):健胃、鎮痛作用、胆汁分泌促進
      ナツメグ・・・・・・・肉豆蔲(にくずく):健胃、食欲増進、下痢止め
      陳皮・・・・・・・・・陳皮(ちんぴ):胃液分泌促進、胃腸運動亢進、抗炎症、抗アレルギー作用
      ローリエ・・・・・・・月桂樹(げっけいじゅ):消化促進、唾液分泌促進
      ガーリック・・・・・・大蒜(にんにく):健胃、発汗、食欲増進

ざっと斜め読みでもお分かりかと思いますが、ほとんどが「健胃」に働きます。

胃液を分泌して消化促進、殺菌・抗菌作用で食中毒を予防、
発汗作用でカラダにこもった熱気を逃がしてくれます。

夏にぴったりの、いや見れば見るほど至れり尽くせりの配合。

ちなみにカラーで表示してあるのが「太田胃散」にブレンドしてある生薬です。
これに重曹と合成ケイ酸アルミニウム(胃粘膜保護の成分)やらを少々足したら、もう太田胃散。
というより、太田胃散はほとんどカレー。

暑くて食欲もないし疲れが抜けないし、
お腹すいてるような気がするんだけど、いざ食べたいものが思いつかないときありますよね。
そんなときはカレーがいいんですよ、きっと。
食べ始めたら、あんがい食が進むはず。

あ、あと胃のためになるアドバイスを。
カレーは食べる人にはいいですが、作る人はすごーく暑い思いをします。
なんだかんだで結構な時間をお鍋の前で過ごしますから。
家族の健康を考えて、クソ暑い中カレーを作ってくれた人に、
ちゃんと「ありがとう」を言ってから、押し頂いて食べましょう。

場が和み、あなたの胃にもプラスです。





**************




先日、祖母のいる実家・広島に帰った母のみやげ。



広島カープグッズは幅がすばらしい。




にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。お気に召したらクリックお願いします。



at 18:04, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

汗を止めたい 

ここからは、汗がどっと湧き出るのを少しでも止めるためのコネタをご紹介。

たとえば、歩いている間はそれほど汗かいてなかったのに、
駅についた途端に、会社についてデスクについた途端に、
急に汗がどっと噴き出して止まらなくなることがありませんか?
日陰や屋内に入って、環境的には涼しくなったはずなのにどうしてでしょう。

これは、歩いている時には「運動している筋肉」に血液が取られていたのを、
運動をやめたのでその血流が体全体に回り「皮膚温が高く」なるからです。

運動すると体が温まりますよね?
運動していた筋肉は血液が多く集まり、熱を作り出しています。
これは急に運動をやめても、すぐには冷めません。
しばらくはその勢いのまま熱を作り続けますが、「運動エネルギー」に使用されないので、
身体は温度が高くなり、それを下げようと慌てて発汗が始まるのです。

また、歩いている間は風を受けているため、汗が蒸発しやすいということも、
汗を感じにくく、また体温が上がりすぎない理由のひとつです。

つまり「急には止まらない。ゆっくりでも歩き続ける」。
これを意識するとあの噴き出す汗をコントロールできます。

私の場合、駅についたらホームで立ち止まらずに、ゆっくりペースでうろうろします。
運動の後のクーリングダウンのイメージで。
まだ体内のエンジンかかった状態ですから、すこしずつ運動エネルギーとして外に逃がし、
体が熱を作る勢いが弱まるのを待ちます。

さらに、汗は蒸発することで体の温度を下げていますから、「体の表面積を広くする」と蒸発に有利になります。
「足を閉じない、ワキを締めない、あごは少し上げる、座らない」のがコツです。

特にワキは動脈がすぐ皮下を通り、体の熱を冷ますのには効果が高い部分ですので、
両手をアタマの上で組んでワキが風にさらされる様にしていると、体が涼しくなっていくのが判ります。
腰に手をあてて、ワキを少し空けておくだけでもぜんぜん違いますよ。
汗が止まるまで、携帯いじったりしてる場合じゃありません。

クビも同様に動脈が通っていますから下を向いてしまうと、熱が逃げません。
背筋を伸ばして、あごをちょっと上げましょう。

両方やると、ちょっとえらそうなモデルポーズみたいになっちゃうんですけどね(笑)

電車が来たり、職場で席についたりすると座りたくなりますが、「座らない」!
座ると前回触れた「半側発汗」、圧迫された部分の反対側で汗をかく反射が起きてしまいます。
おしりに体重がかかれば上半身に、背もたれに寄りかかれば胸側に、発汗が始まります。
また、椅子に密着している部分では、汗が蒸発しにくいですから熱はこもるばかりです。

外出先で人に会う場合など、汗だくではちょっと・・・というときもあると思います。
止まらない汗で動揺して、よけいに変な汗かいてしまいそうですよね。

少し時間に余裕をみて到着し、上手にクーリングダウンして、
あのどっと出る汗をコントロールしていきましょう。



*******************



Children in Needとかもそうだったけど
ポール・マッカートニーが最後に出てきてみんなで「Hey,Jude」を歌えば、
大概のイベントはまとまった感が出る。


at 23:51, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -

汗を止めたい 

先日、加齢による汗のかき方の変化について触れました。

下半身の汗腺を鍛えて、全身で汗をかき体温をコントロールできる体にしましょう、と。

そうは言っても!(笑)
・・・はい、私も汗だくだくになるの、本当はイヤです。
汗をかけるのはいいことと思いながらも、止めたいときが多々あります。

知っているとちょっとお役立ちな汗の抑え方をいくつかご紹介してみます。


◎ 顔の汗を止めたいとき ◎

舞妓さんがおしろい崩れしないのは胸高に帯を締めているから・・・なんて聞いたことありませんか?

これが「皮膚圧反射」を利用して、顔まわり(上半身)の汗を止めるやり方です。
「半側発汗」とも言いますね。

人体は、圧迫をかけるとその周囲の発汗が抑制され、
その代わり反対側では代償的に発汗が促進されるという脊髄レベルの反射反応があります。

よく、時間ギリギリで駆け込んできた患者さんで、
治療でうつ伏せになってからも背中の汗が止まらないということがあります。
患者さんは「スミマセン、汗ひかなくて」と恐縮してくださったりするのですが、
これはうつ伏せになってお腹側は体重で圧迫されたので汗が止まり、その分が背中から吹き出しているためです。
ですから、私はそのたびに「お、半側発汗目撃!」と思っていたりします。

この反射を利用して、顔まわりの汗を止めましょう。
胸(乳首)の上5センチくらいのところをぐっと圧迫します。
そうすると、圧迫したのと反対側つまり下半身がより汗をかくようになり、顔の汗は自然と引いていきます。

ときどき「ギュッとつねる」というやり方が紹介されていますが、
痛いと別の意味で汗が出てくるので、私はつねるより押した方が効果があったように思います。
「ブラのホックをひとつきつくする」というのも有名ですが、その程度じゃ私は顔汗ひかなかったです。

私は家から駅まで15分歩くのですが、駅に到着したときの汗だくが最大の悩みです。
いろいろあがいたあげく、冷凍した保冷剤をハンカチにくるんで持参し、
駅のホームでこっそりワキにはさんでぐっと押し付けるという、
圧迫+冷却の合わせ技が一番即効性があるように思います。
まあ、脚からは汗かきまくりなんですが、顔よりまだいい(笑)

逆に「きついガードルをはく」。
これが最悪で、常に下半身圧迫してるものだから、異常に上半身から汗かきました。
顔汗でお悩みの方、きつい下着はNGですよ。
夏に試したことはないのですが、着圧ソックスも結構な圧があるから顔汗にはよくないかもしれませんね。

この圧迫による汗止めは、かなりの正攻法です。
実際、汗がおちつく実感もあるので、試してみて損はないと思いますよ。

次回、わたしが実践してる汗対策のコネタをもう少し。




********************





オリンピック開会式の余韻でELOを引っ張り出して聴いています。
「Telephone Line」やっぱり名曲。
中学の頃、ラジオで聴いたのが最初のはず。
今でもラジオで聴くのが一番この曲に似つかわしいように思います。

まだTelephone が Lineで繋がってた時代。


at 23:43, かさいまほ, カラダのこと

comments(0), trackbacks(0), -