☆治療院HPはこちら↓☆

かさい鍼灸治療院

完全予約制です。お電話ください!

-

女子会

先日、自営かフリーランスでお仕事をしている女性だけが集まった「女子会」に参加してまいりました。

わたしは先月お知り合いになったばかりなので、ほとんど初対面のような感じなのですが、
さすが皆さん一国一城の主!
フレンドリーで話しやすく、またお話し上手で聞き上手。

あっという間の2時間でした。

中に「再決断療法心理カウンセリング」のセラピストさんがいらっしゃいました。
わたしも治療の中で、問診やカウンセリングの重要性を痛感していますので、
そのあたり何かヒントなり、アドバイスなりを・・・・ともう次回の皮算用を考えています。

途中、四方山話の中で、「逆子の治療にお灸が効く」と言う話をしました。
わたしたち鍼灸師や、ご高齢の方にとってはすごく良く知られた話なのですが、
「え?逆子ってお灸で治るんですか!?」と驚く新婚さん。

このあたりは認知度をもっと高めていく必要がありそうですね。
思わず、なぜお灸で逆子が治るのかについて力説してしまいました。
このあたりは、いずれちゃんと書くつもりです。
キーワードは「冷え」と「緊張」。

お薬をのめない妊婦さんにとって、お灸はとても心強い味方です。
逆子ちゃんにはお灸!
お母さんの声かけも大切です。
くるっと回ろうね!! 出口そっちじゃないから!!

そんなこんなで営業のコツの話から、いまどきの結婚式事情まで、
話題がバンバン飛躍しましたが、女性ってそれが苦になりませんよね。
男性はその辺、ちょっと違う感じがしますが。

開業したてで不安もいっぱいなのですが、
同じように自営でがんばっている方たちにお話を伺って、エネルギーをもらっちゃいました!






***********************

きのうもチラッと映っていた鉢植え。


カノジョからの贈り物です。


ありがと♪き












at 02:00, かさいまほ, お灸のお話

comments(0), trackbacks(0), -

安産治療

細々と受けている出張治療。

今日は出産を来月に控えた妊婦さんのお宅に伺いました。
(ブログ掲載許可いただいてます)

先々週の検査で、子宮頚管が短く切迫流産の可能性があるとのことでした。
お腹の張り止めにウテメリンを服用しながら、自宅で安静にするようにと言う指示。

これ以上、子宮頚管が短くなるようだと入院して帝王切開と脅されていたのですが
今週の健診では、子宮頚管の長さも持ちこたえているので、
流産・早産の危険性はひとまず大丈夫そうと言われ私もほっとしました。

治療はマッサージでカラダの緊張を取ってから、手足のツボにお灸をすえて行きます。
お灸の熱刺激を加えると子宮平滑筋の緊張が緩み、お腹の張りがやわらいでいくのです。

逆子の治療ではちょっと熱いお灸をしますが、
安産治療や流産防止では、台座に乗った「あったかーい」お灸です。
他愛の無いお話をしながら、体がしっかり温まるまで時間をかけてお灸をしていました。

出張治療では患者さんのご家族が治療を見学?されることがよくあって、
こちらとしては変に緊張するのですが、今日のギャラリーは5歳になるお姉ちゃんのトモちゃん。

お母さんの上で何かが燃えて煙が出てるわけですから、もう、目がまん丸です。
「おかあさん、ねえ熱い?もう熱い?」と、2秒ごとに聞いてきます。
「そろそろ熱くなってきたー」とお母さんが答えると、キャアキャア言ってなぜか爆笑。
「おかあさん、熱いってーー!!」(笑)・・・・笑うところ、そこなのね。

で、最後に「トモにもやって」
じゃ、1個だけね。

怖がるかと思いきや、勇敢に「やってみたい」言うトモちゃん。
来月にはきっとたのもしいお姉さんデビューを飾ってくれることでしょう。





*****************





Robbie Williamsがロンドンオリンピック閉会式のパフォーマンスを辞退するようです。
理由が「赤ちゃん産まれるから」。
第一子の予定日がその辺なんですよね。

出てほしいけど、Robbieはホントに子供を楽しみにしているから仕方ないのかな。





at 23:51, かさいまほ, お灸のお話

comments(0), trackbacks(0), -

サンダル履きの足疲れ



備品をそろえるために歩き回る日が続いています。
今日帰ったら2万歩を超えていました。
しかも両手に大荷物をぶら下げて、です。

女性には共感していただけるのではないかと思いますが、サンダルって難しいです。
足にあってると思っても、だんだん痛くなったり靴ずれしたり。
デザインを優先して「このサンダルはあんまり歩かない日用!」って、
無茶な理由つけて買ってみたり。

この日も比較的歩きやすいサンダルで出たんですが。

私の場合は足の甲に痛みが出ます。特に右。
土踏まずがフィットしないヒールを履き続けていると、どうしてもズキズキと。

近頃さぼっていた湯船にちゃんと浸かって、
腰周りと股関節、ふくらはぎをしっかりストレッチ。

痛みの出てる足の甲はじっくり指圧をかけてから、お灸!!
結局、コレが一番てっとりばやい。

私は台座に乗ってる長生灸を使っています。
じわーーーとあったかさを感じる程度でするお灸も気持ちがいいのですが、
ここは痛みを取りたいので、きゅーーーんとしてくるまでちょっと我慢。

一番痛みが出ている骨間と、指圧してちょっと違和感のあった親指の付け根の内側、
土踏まず、ついでに昔の捻挫でいためた足首にも。

3壮(お灸は1壮、2壮と数えます)据えた所で、立って体重を乗せてみると、
うん、8割がた痛みは取れていました。
たぶん、明日起きたら痛みはないでしょう。

明日もきっと歩くから、その日の痛みはその日のうちにですね。



***************************



数日前にGray Barlow人気、バブってないかと書きました。

案の定、突っこみ入ったようです。

コメディアンのJimmy Carrの「違法ではないが倫理的にダメ」な租税回避スキャンダルが、
Gary Barlowに飛び火した模様。
Mark,Howardも同じ節税スキームで納税回避していたのに、槍玉に上がったのはGary.

Garyは有力な保守党支持者だから、Cameron首相がコメント求められて窮したりと、
もう立派な政治ニュースになっているようです。

だから目立ちすぎると、そういう風になるんだってば。



at 23:30, かさいまほ, お灸のお話

comments(0), trackbacks(0), -